家出人捜索方法ナビ

大切な人が家出!そんな時どうしたらいい?

イメージ


家族の中で大切な人が家出してしまったという事実を知った時、恐らく大半の方がパニック状態に陥るのではないでしょうか。
しかし、焦らず冷静な対応も必要です。
万が一の際のご家庭での緊急処置として、警察への行方不明者届の出し方についてお伝えしていきます。

自分でもネット掲示板を利用したりチラシ配り、近所の聞き込みもしたけど見つからない…そんな場合に、大切な家族を早急に探し出す為に最もおすすめの探偵事務所についてもご紹介していきましょう。


家出人探しの方法


警察への行方不明者届の出し方とは?
行方不明届を出す警察署について
いざ、家族が突然行方不明になった場合は警察に捜索を依頼する為、相談に行き、その際には「行方不明者届」は、住んでいる場所を管轄する警察署で受理する仕組みになっています。

届出を出す方が遠方に住んでいる場合は、届出人の住む住所や対象者が行方不明になった可能性のある場所において、管轄している警察署で受理する事も可能です。
それではここで、行方不明届を出す際に必要な持ち物と行方不明届に記入する内容を説明していきましょう。

用意しておく物
  1. 印鑑
  2. 行方不明者の写真
  3. 届け出人の身分証明書

必要事項とは?
行方不明者届を出す際には、いくつかの必要事項がある事を覚えておきましょう。
  1. 家出の日時や動機や原因
  2. 家出人の本籍と住所、氏名と生年月日と職業
  3. 使用車両に関する事
  4. 立ち回りの見込み先等の参考となる事柄
  5. 身体の特徴や行方不明になった時の服装や所持品
以上となります。

一般家出人と特別家出人の定義について
一般家出人とは?
一般家出人の定義とは、成人として自分の意思により家出をしてしまったり、借金や愛人問題などの夜逃げなど民事に関する家出人の事を意味します。その際には、警察は積極的な介在はしないのが特徴です。

特別家出人とは?
特別家出人の定義とは、別名「特異家出人」といって、自分の意思で家出をする事は考えられないような老人や病人や幼児などが、事件に巻き込まれた可能性のある者を意味し、誘拐や殺人などの事件性に関わっていそうな者や日頃の態度や言動において自殺の可能性が考えられる者を意味します。


大切な家族を早急に見つけるにはこちらへ連絡を!


緊急性を要する人探しの場合は、迅速・丁寧で、かつサポート体制の手厚い大手探偵事務所に依頼をかける事が何よりも確実な方法なのです。大手探偵事務所の中でも、特に信頼度と実績の高い下記の2件の事務所をお勧めです。

MR探偵事務所

イメージ
大手探偵事務所の中でもMR探偵事務所がおすすめです。こちらの探偵事務所は、「調査」と「カウンセリング」で評判の高い探偵事務所です。更には、手遅れにならない家出調査として、業界ナンバーワンとして厳選されたMR探偵事務所なのです。

また、即日調査が可能で365日24時間体制で無料相談も受け付けていますので、一人で悩まずにまずは相談する事をおすすめします。こちらの事務所の特徴は、機動性の高い技術を活かした捜査力とローラー作戦といって周囲をくまなく聞き込む事や常に情報を共有して、綿密な捜索ミーティングを開きます。また、再会に備えての原因などをカウンセリングし、必ず複数人で安全を確保し、再会のチャンスを作ってくれます。また、家出や失踪の再発防止のアフターケアも万全なのです。

原一探偵事務所

イメージ
家出人や行方不明者なら、原一事務所がおすすめです。中でもこちらの事務所は、家出や失踪などの人探しに関する調査を得意分野とする会社ですので、他社を凌ぐような組織力や調査技術力を備えた会社です。

無料掲示板やSNSサイト、警察などの行方不明届を出しても見つからない場合は、原一事務所では、大切な家族を探し出す能力に優れ、且つ生き別れになってしまった家族や知人や友人や恩人などの所在捜査、金銭の貸し借りやトラブル相手の所在調査を行なっています。
家出人や失踪者が見つからなくてお困りの方は、早急のリアクションが何よりも大切ですので、年中無休で24時間体制で対応する原一事務所に相談される事をおすすめします。

探偵事務所に家出人探しを依頼する場合は、こちらのサイトで料金や調査内容などより詳しく説明してくれていますので、一度見てみることをおすすめします。

人探し方法.biz【無料掲示板サイト・SNS・探偵・警察など】



最後に


いかがでしたでしょうか?
自分で人を探すには、様々な障害や面倒がありますが、先にご紹介したとおり、
相手の情報をポイントを押さえたうえできちんと揃えていれば早期発見に繋がりやすくなります。
そして、探偵事務所に依頼することが最も確実で早い方法です。

迷っているあなたに、きっと何か助言をしてくれますから、まずは一度無料電話相談をしてみてはいかがでしょうか。
更新履歴